2017 / 11
<< 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>

楽器屋さんはイイ楽器をすすめるが高い!!

2015/04/27

中学校では、新一年生の仮入部や体験入部も終わり、
正式に部員として部活に参加している生徒も増えたことでしょう。
保護者説明会では、楽器購入の話も出たと思います。
この時期を狙って日本中の楽器店は「楽器セール」を大々的に行うでしょう。
(なにしろ一年で一番の売り時ですから)

もちろん学校には一通りの「備品」が揃ってはいます。
学校の予算で用意された楽器…定期的に調整に出したり、
せめて「楽器をぶつけない」ように扱えば、長い寿命を全うする事も出来ますが、
生徒の中には、ぶつけても何とも思わない人も毎年必ずいますよね。
ベルを上にしても立っちゃうチューバとか…
ホルンのベルにつながる部分がきれいな「かまぼこ型」になってたり…(-_-;)

そこで顧問の先生方は苦慮しながらも懇切丁寧に「個人楽器の購入」のお願いをするわけです。
しかし特に今は楽器の値段が、とにかく高い!!(それでなくても元々高いのに…)
出来ればMY楽器を買ってあげたいのが親心でしょうけど値段が値段だけに…
ましてや果たして「3年間頑張るから」という子供の声も信じていいかどうか…?

80万ほどするオーボエを買った子や、70万するアルトサックスを買った子が
半年ほどで厳しさに耐えきれず退部してしまったり…よくある話です。

今まで目にしてきたことを踏まえて筆者なりに感じることを挙げてみたいと思います。

1)高い!!と感じたら無理してすぐに購入しない。
「高い楽器はイイのか?」→基本的にイイです(個々に当たりはずれがありますが)
でも、高い、普通と感じる金額は人によって様々ですよね。
50~60万するトランペットを「全国行くトコはこれぐらい普通ですよ」と、平気な顔で、のたまう楽器店だってあります。
(全国大会へ駒を進める学校は、イイ楽器使ってるからではありませんから。念のため)
そこは、知らないからと言って鵜呑みにするのではなく、保護者の方は「高い!!」と思ったなら正直に「ムリ!!」と言っていいと思います。
それでも「分割ではいかがですか?」と押されるでしょうけど、子供が途中でやめてしまったら高価な楽器と長いローンが残るだけです。
「フェア期間中ですからお得なんですよ」と言われても、大丈夫。
いつ買っても、何かしら値引きやサービスはしてくれます(^^)
少し子供の様子を見ながら検討した方がイイと思います。

2)基本的に学校の楽器を活用する。
これは、ごく当然のことですよね。楽器の数が足りなかったり、状態が悪い時には顧問の先生から説明があると思います。特に木管楽器はきちんと定期的に調整に出されてないと状態の悪い楽器が多いです。
ちなみに筆者は金管楽器でしたが、顧問の先生は「トランペットやクラリネットは数が足りないので個人で買ってくれるとありがたいが、無理してまで買わなくてイイ。ほかのパートは学校の楽器を使いなさい」と、おっしゃる先生でした。
なので、結局、中学・高校通して学校の備品を使っていました。

3)買う時は先生や周りの人と相談して。勝手に買ってこない。
楽器にはそれぞれ構造の違いが細かくあります。メーカーによって音色も違います。
また、同じブランドの同じグレードでも一本一本、良し悪しがあります。
お店や部室で先生に同席してもらったり、楽器店のスタッフに、その楽器の経験者がいれば吹いてもらったり、プロの先生に選んでもらった方がイイと思います。
楽器店自体が少ない地方などで、在庫も少なくて選べないまま注文するしか出来ない場合は「プロのOO先生選定品」で頼むことをおススメします。(1万円ほど高くなりますが確実に良い楽器が届きます)

以上、部員…と言うより保護者目線で感じたことを挙げてみました。
まるで「楽器店にはだまされるな!!」みたいな書き方ですが、楽器店のほとんどのスタッフが経験者で、なおかつ楽器が好きな人たちばかりだという事を書き添えておきたいと思います。(経営者は知らないけど)


photo by alyak
photo by alyak

スポンサーサイト

この記事へコメント:する