2017 / 11
<< 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>

先の熊本地震では、甚大な被害をもたらし、そして今もなお地震は発生しており、
避難所生活を強いられている方々もいらっしゃいます。
心よりお見舞い申し上げます。
熊本の後も全国各地のいたるところで地震が発生しており、多くの方々が不安を抱いていることと思います。
大地震が起きる周期を過ぎても発生しておらず、いつ起きても不思議ではない地域が多いのです。

特に私自身が身近なことで危惧しているのが、コンクールや演奏会で災害が発生した場合の対処です。
これについては私の勉強不足かもしれませんが、
全日本吹奏楽連盟などのHPに、その対策の記述が見当たらないのです。

演奏中に地震が発生した場合の避難経路、誘導方法。
避難の際、ステージをどのようにしておくのか?楽器持参で避難するのか、放置するのか?
どちらにしても、ほとんどの楽器は損傷を受けます。
シンバルや(重たいけど)グロッケンならば頭を守ってくれるかもしれません。
木製と言えどもスティックならば頭上でクロスして避難すれば多少の効果があると思います。

本来ならば非常時の対応など各吹奏楽連盟が対応を考え、
マニュアルを作成したり、ホールを使った避難訓練を実施するべきでしょう。

しかし、コンクールシーズンに入った今となっては無理な事です。

現状では、各出場団体が、そういった状況に陥った時に、どう対処すべきか話し合っておくことが必要かと思います。

ピッコロやトランペットなど椅子1個の下に置けるなら、そのまま避難しても良いでしょうが、
打楽器、チューバ、サックスなど、ほとんどの楽器は不可能です。
椅子を2つ並べてアルトサックスを下に2本置くとかいろんな方法はあると思います(^^)

中には、自治体やホールと協力して、自発的に避難訓練を実施している団体もあります。
いくつか取り上げたいと思います。

【ヤマハ目黒吹奏楽団】
平成25年10月22日(火)会場:めぐろパーシモンホール
【愛媛県警察音楽隊】
平成26年8月7日(木)会場:西条市丹原文化会館
【大成女子高等学校・水戸女子高等学校】
平成27年3月8日(日)会場:水戸芸術館
【伊賀市文化会館】平成27年06月10日
【一橋大学津田塾大学吹奏楽団】
平成27年09月14日(月)会場:ルネこだいら
【明桜高等学校吹奏楽部】
平成27年10月6日(火)会場:秋田市文化会館
【皇學館高等学校吹奏楽部】
平成28年6月11日(土)会場:伊勢市観光文化会館

素晴らしい取り組みだと思います。

参考として参加者の感想も載せておきたいと思います。

【伊勢市での参加者アンケートより】
・出演者からの誘導はいかがなものか?別の人が誘導すればいいと思う。
・あらかじめスケジュールも掲示されている避難訓練のため、パニックになりようもなく、当然皆様落ち着いて行動されていましたが、実際に地震があれば、大きな揺れに悲鳴や怒号の中、どこまで落ち着けるものなのか、自分でも自信がありません。そのようなことに気づけたことは大きな収穫でした。
・集合場所で一般の人が日陰の壁側に寄っていた。建物が壊れ、壁が落ちることもあり、学生と同様誘導するべきではないかと感じた。
・一般の人が整列していなかったので、どうしたらいいか分からなかった。壁側に一般の人が固まっていたので地震のときはどうすればよいのか知りたくなった。どのような姿勢をとっていれば安全なのか分かりにくかった。ハンドマイクが聞きにくかった。

こうした訓練は、形式的な行事ではありません。
被害を最小限に留めるための行動。

そして何よりすべての参加者の命を守るための大事なことなのです。

すべての大会が全国大会を終えるまで無事に開催できることを切に願っています。

400pxTexas Youth Wind Symphony (Austin, Texas 2015-03-08)2 by rarvesen
photo : Texas Youth Wind Symphony by rarvesen

スポンサーサイト

この記事へコメント:する